すぐ風邪をひく!喉が腫れる!扁桃腺が痛い!原因はイビキ!?

扁桃腺が慢性的に腫れる人はイビキに原因があるかも?

なんでだろう?

 

いつも風邪をひくんだけど・・・。

 

身体が弱いのかなぁ?

 

免疫力が低いのかなぁ?

 

昔はそんなことなかったのに・・・。

 

 

こんな方いませんか?

 

  1. すぐ喉が痛くなって扁桃腺が腫れる
  2. 寝起きは痰が絡んで咳がひどい
  3. いつも鼻が詰まる。
  4. 熱は出ないけど風邪のような症状で体調不良が多い

 

理由が分からないけど、喉や肺がやられやすい。

まだ高齢者でもないのにゴホゴホとおじいいちゃんおばあちゃんみたいな咳が出る。

 

「病院に行くほど大げさじゃないけど、結構辛い」

 

慢性的に続く体調不良。

これが案外一番よくないんです。

 

もしこれから書くことが思い当たるようなら、改善してみると良いと思います。

 

朝、寝起きが一番調子が悪い!?

 

睡眠をとると、一日の疲れが取れますよね。
次の日の活動のために良い睡眠をとる事が重要なのはいうまでもありません。

 

正しい睡眠は身も心もリフレッシュしてくれます。

 

でもみなさん、本当に疲れが取れていますか?
しっかり寝たのに「身体が怠い、喉がおかしい」そんな人いませんか?

 

扁桃腺肥大の方でしょっちゅう扁桃腺が腫れている方いませんか?。

 

朝起きたら喉が痛くてつばも飲み込めないなんて事ありませんか?

 

こんな症状の方に知っておいてほしい事があります。

 

それはイビキと風邪の関係・・・そしてイビキの怖さです。

 

口・鼻・肺など、気管系に症状が出やすい人は「イビキ」が原因かも?

 

上記のような症状の方はイビキを疑がって見てください。

 

 

夜寝ているときにイビキをかいている。

 

奥さんや旦那さん、家族からイビキがうるさいと言われる。

 

 

もしイビキをかいているなら、それが体調不良を引き起こしている原因かもしれません。

 

 

イビキで風邪をひくの?なぜ?

 

イビキをかく原因は上手に鼻呼吸できないからです。

 

睡眠時に鼻呼吸がうまくいかない原因は主に舌根沈下による気道の閉塞です。
睡眠時無呼吸症候群の原因もこれです。

 

※睡眠時無呼吸症候群による身体への悪影響については別途触れます。

 

 

スースーと鼻呼吸で眠れていればイビキはかきません。

 

でも鼻呼吸で息をするのが困難になるとだんだんとイビキをかきます。

 

さらに苦しくなると口をあけて口呼吸を始めます。

 

イビキをかく方は口呼吸をしている可能性が高い!

 

そして重要なのはこれです。

 

口呼吸は万病のもと!

 

この口呼吸は身体への負担が大きく、風邪をひくリスクも高まります。

 

口呼吸と鼻呼吸の違いついては別途触れますが、、一言でいうなら「口呼吸は乾燥に弱い」という事です。

 

そして「口呼吸はウィルス感染や細菌感染に弱い」という事です。

 

口呼吸を改善するには、イビキを防止する事!

 

口呼吸は絶対身体に良くないです。

 

特に睡眠時は気付かずにそのまま口呼吸を続けます。

だから朝には体調が最悪になるのです。

 

口呼吸をやめるにはイビキを防止するのが一番の近道です。

 

イビキの防止にはいろいろな方法があります。
一番いい予防(治療)は、肥満型の人だったら「痩せる事」です。

 

でも今すぐには無理ですよね。
ダイエットは一朝一夕には出来ません。

 

じゃあその間どうするか?

 

イビキを防止する具体的な方法!

 

私の一番のおすすめは枕でイビキ対策をすることです。

 

1、枕で首のくぼみをしっかりサポートする。

 

2、横向き寝に適した高さの枕で横向き寝する(仰向けで寝ない)。

 

顎が上がれば気道が確保されて舌根沈下が防げます。
人工呼吸の時の処置に似ていますね。

 

さらに仰向けに寝ると、舌根沈下が起こりやすいです。
痰の排出もしずらいので余計に咳き込むことになります。
なので横向き寝が良いです。

 

うつ伏せでも良いですが、ちょっと難しい気もします。
腰痛持ちの方はうつ伏せも仰向けも腰にダメージを受けやすいですから。
交互に向きを変えながらの横向き寝が一番良いです。

 

ちなみに私は横向き寝を実践しています。
使っているのはYOKONE2(ヨコネ2)という横向き寝専用の枕です。

 

yokone2でイビキ改善を目指しましょう。